良いバラの選び方・見分け方 > バラジャムの作り方

バラジャムの作り方

バラは鑑賞用だけでなく、食しても体に良い色々な効果があると言われています。

ですがそのまま食べようとすると、一度にたくさんの量を食べることは難しいですよね。美味しくたくさんのバラを食べるために、バラをジャムにして味わってみましょう。

バラのジャムなんて、ちょっと意外に思う人も多いのではないでしょうか。
市販されているバラジャムもありますが、自分で作ってみるのも楽しいですよ。

ジャムに使うバラは、できるだけ新鮮なものがおすすめです。
朝、起きた時にバラを摘み取っておきます。開ききったものでも良いですが、できれば開ききる前のものの方が香りを良く楽しむことができます。
バラの花びら(150g程度)をさっと水洗いします。よく水気をきったら、レモン汁をかけて強くもんでいきます。バラ色の汁が出てくるので、残しておいてくださいね。
花びらを絞ったらお鍋に入れて、お水1カップとお砂糖100g程度を入れて煮込みます。
強火にはせず、中火~弱火で20分くらいゆっくり煮込んでいきます。
火から下ろして冷めてから、先ほどの絞り汁を入れて1時間ほど寝かせておきます。
その後、もう一度火にかけて煮込みます。

バラジャムは、そのまま食べても良いですし、紅茶やサイダーに入れて飲んでも良いですよ。
バラだけでは何となくさみしいな、と感じた人は、リンゴジャムを使ってみましょう。
市販されているリンゴジャムを鍋に入れて、そこにバラの花びらを浮かべて煮込むと、バラの香りが良いジャムが出来上がります。手軽に出来て、嬉しいですよね。

ジャムに使うバラは、農薬を使っていないものにしましょうね。
自分のお庭で、無農薬で育てたバラなら安心して使うことができますね。